ProduXion Manager導入目的と効果

出版までの製作工程のスピードアップ

ProduXion Manager®はEditorial Manegerと連携する事で、採択後の製作出版工程をスムーズにおこなうためのコンテンツマネジメントシステムです。事務局では 著者と印刷会社の進捗工程の把握が可能になります。

郵送の手間とコスト削減

これまで原稿のやり取りにかかっていた切手代や原稿郵送費、そして時間を大幅に削 減できます。

メールでは送れない大容量なファイルのやり取りが可能

通常メールでは送ることができない校閲者と印刷会社間の容量の大きな原稿ファイル の受け渡しも、画面上からアッ プロード・ダウンロードするだけです。またメールの誤送信や郵送などの場合のメディアの盗難・紛失が起きないためセキュリティ上も安心です。

ProduXion Managerの概要


システム要件

ProduXion Manager®はASPサービスとしてご利用頂けますので、 インターネットがつながっているパソコンさえあれば 特別なソフトやシステムなどを準備して頂く必要はいっさいありません。

画面構成・機能について

ProduXion Manager®は学協会独自の出版工程フローにも柔軟に対応。システムを止めることなく、著者、事務局、校閲者、印刷会社のフローをいつでも自由にカス タマイズすることができます。

ProduXion Manager®は複数の英文校閲者を一元管理して、画面から校閲者を選択して英文校閲を依頼できます。

校正結果(著者校正、英文校 閲)をProduXion Manager®にアップロードし、履歴を管理できます。コメント欄とファイルをアップロードするだけなので操作は簡単でセキュリティ上も安心です。

オプション機能

Editorial Managerと同様のオプションが利用可能となります。