EMUG JAPAN は毎年多くの方にご好評をいただき、おかげ様で開催5周年を迎えます。
そんな記念すべき今回のEMUG JAPAN2016では、
過去4回のEMUG JAPANで皆さまにご好評をいただいた点は活かしつつ、
より多くの皆さまに有益な情報を提供できるよう、新たな取り組みにも挑戦してまいります。

ぜひお誘い合わせのうえ、ご参加ください。

【EMUG JAPAN 2016 開催日・場所】
開催時間が一部変更となりました。何卒よろしくお願いいたします。
開催日:2016年12月2日(金) 10:30~17:40
午前の部:10:30~12:00(受付開始:10:00)
午後の部:13:00~17:40(受付開始:12:30)
※午後の部のみの参加も可能です。
※変更前の日程
開催日:2016年12月2日(金) 10:30~17:30
午前の部:10:30~12:30(受付開始:10:00)
午後の部:13:30~17:30(受付開始:13:00)

場所:TKPガーデンシティ竹橋 カンファレンスルーム10B・10C
http://tkptakebashi.net/access.shtml

対象:Editorial Manager利用ジャーナルの皆さま
(委員長、編集委員、査読者、事務局、出版社、印刷会社など)

EMUG JAPAN 2016 プログラム】

*午前の部(10:30-12:30)*

※※ 午前のセッションは、A/Bいずれかのセッションの選択制です ※※

1A. EM BOOT CAMP
初心者ユーザさまを対象に、EMの基本的な操作を紹介します。
EMを導入して間もないジャーナルのご担当者さまにはもちろんのこと、
使い方をおさらいしたい方にもお勧めです。

1B. レポート機能のご紹介
EMの様々なデータを抽出できるレポート機能の使い方をレクチャーします。
「レポートって難しそう…」と躊躇されている方、ぜひご参加ください。

*午後の部(13:30-17:30)*

2.    研究者識別子ORCIDの活用(仮)
スピーカー:宮入暢子氏(ORCIDアジア・太平洋リージョナルディレクター)
近年注目を集め、利用が拡大している研究者識別子ORCID
ORCIDを使うメリットや、具体的な活用方法を紹介します。

※※ セッション3は、A/Bいずれかの選択制です ※※

3A. 機能ワークショップ
ご参加いただく皆さまとサポート担当者で意見交換を行います。

3B.    Crossref, CRediT and more(仮)
スピーカー:Tony Alves氏(EM開発元 アリエス・システムズ社)
世界中のジャーナル担当者・編集者ら注目する
学術出版界の最新キーワードについて読み解いていきます。
ジャーナル戦略を考えている編集者の先生方にとっても必聴の講演です!
(日本語逐次通訳あり)

 4.  今後拡張の新機能紹介(仮)
スピーカー:Tony Alves氏(EM開発元 アリエス・システムズ社)
EM開発元であるアリエス・システムズ社のTony Alves氏が、
今後予定されている機能拡張などをご紹介いたします。(日本語逐次通訳あり)

お知らせ | 2016/10/05